catch-img

革・皮革・レザー|レーザー加工できる材料・素材

レーザーカッター・レーザー加工機で加工できる素材、革・皮革・レザーについて解説します。
革・レザーにできるレーザー加工の種類や、レーザー加工ができる革の種類など、基本的な知識をご紹介しています。

革加工でレーザー加工の導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


レーザーカッター・レーザー加工機を検討されている方に向けて、レーザーカッターの選び方をまとめたガイドブックを無料で進呈中です。
「レーザーカッターの選び方ガイド」をダウンロードする


目次[非表示]

  1. 革にできるレーザー加工の種類
    1. カット・裁断・穴あけ
    2. 彫刻・マーキング・刻印・焼印
  2. レーザーで加工できる革・レザーの種類
    1. 天然皮革(本革)
    2. 合成皮革(合皮)
  3. 革・レザーをレーザーで加工するメリット
    1. 裁断しても断面がほつれないので、後処理が不要になる
    2. 複雑で精密なデザイン・形状が加工できる
    3. 刃物のように消耗しない(安定した加工品質・コストダウン)
    4. 材料の固定が不要
  4. レーザー加工が活用されている革製品・レザーアイテム
    1. 衣類・アパレル・ファッション
    2. 家具・インテリア・テキスタイル
    3. ギフト・ノベルティ・グッズ
  5. まとめ


革にできるレーザー加工の種類

まずは、革・レザーにどのようなレーザー加工ができるかをご紹介します。


カット・裁断・穴あけ

レーザー光線で革・レザーのカット・裁断・穴あけができます。
自由な形状・サイズにカットできて、形状・サイズはグラフィックソフト(イラストレーターやコーレルドロー)や専用ソフトを用いて編集します。
レーザーのパワーを調整することで、さまざまな厚さの革・レザーをカットできます。

レーザーの熱で焼き切るので、カットした断面はほつれが発生しません。
ただし、焦げて黒く変色します。汚れを拭き取ればそのまま使用できますが、コバ(木端)磨きを行って他の裁断方法と同様に仕上げることもできます。


彫刻・マーキング・刻印・焼印

革・レザーの表面に焼印を入れたような彫刻・マーキングができます。デザインは、写真や名前、ロゴマーク、グラフィックなど自由自在です。
レーザーのスピードやパワーを調整して、彫刻の表情を変えることもできます。

レザーアイテム(革財布や手帳など)へ名前やロゴを入れるサービスを提供して、付加価値がつけられます。

レーザー加工時に発生する煙が革の表面に付着するので、マスキングテープを貼って加工しましょう。レーザー加工後の汚れの除去作業を軽減できます。



レーザーで加工できる革・レザーの種類

レーザーで加工できる革・レザーの種類について解説します。
天然皮革(本革)・合成皮革(合皮)の2つに分けて解説していきます。


天然皮革(本革)

天然皮革(本革)は、基本的にカットも彫刻もできます。
レーザー加工ではヌメ革が用いられることが多いですが、天然素材のため、種類がとにかく多いです。それぞれ性質が異なるため、事前にテスト加工をして検証しましょう。

特にクロムなめしは、レーザーの熱によってクロムから有害なガスが発生する場合があるので注意が必要です。

また、レーザーの熱で革が変形することがあります。レーザーのパワーを下げて熱量を抑えると軽減されます。変形の度合いは材料によって異なるので、テストを重ねて検証しましょう。

レーザー加工した部分は焦げるので、加工後に焦げを拭き取る作業が必要です。
本革は天然素材のため、クリーナーを使うと質感が変わったりシミになってしまうことがあります。一度端材(破材)でクリーナーの効果を確かめてから使用しましょう。


合成皮革(合皮)

合成皮革(合皮)は、レーザー加工との相性がとてもよいです。
合成皮革は、ウレタン製とポリ塩化ビニール製(塩ビ/PVC)に大きく分けられます。ウレタン製はレーザー加工しても問題ありませんが、ポリ塩化ビニール製の合成皮革はレーザー加工できません。

※ポリ塩化ビニールを含む材料をレーザー加工すると、有毒なガスが発生します。
詳しくは、レーザーカッター・レーザー加工機で加工できない素材・材料をご覧ください。


革・レザーをレーザーで加工するメリット

革・レザーをレーザー加工することによるメリットを解説します。
レーザー加工を導入するとどのような効果があるのか?
他の加工機と比べてどこが優れているか?について説明しています。


裁断しても断面がほつれないので、後処理が不要になる

レーザーによる熱で溶かしながらカットするため、断面のほころびやほつれが発生しなくなります。
ほつれが発生しないと、端処理といった後作業が軽減されます。
製造工程のひとつを減らせるので、納期短縮や生産性向上につながります。


複雑で精密なデザイン・形状が加工できる

レーザーはとても精密で複雑な加工ができます。
刃物による加工では難しい内角や細い線もきれいに加工できます。

これまで断っていた加工にチャレンジできたり、商品開発の幅が広がります。


刃物のように消耗しない(安定した加工品質・コストダウン)

革・レザーは丈夫でしっかりとした素材です。刃物を使ってカット・裁断する場合、刃物の消耗が激しい素材です。
刃物の消耗が激しいと、新品と交換間近の刃物で加工品質が異なるので安定しません。刃物交換するたびにコストがプラスされます。

一方、レーザー加工は材料に直接触れずに加工する非接触加工です。
加工による消耗がないので、加工品質が安定しています。
頻繁に交換が必要な部品もないので、コストダウンにつながります。
(機種によりますが、レーザーヘッドを動かせる駆動部品やレーザーの出力元となる発振管の交換は必要になります。)


材料の固定が不要

先ほど述べたように、レーザー加工は材料に直接触れずに加工する非接触加工です。刃物のように加工中に革が歪んだり破れたりする心配がありません。

しっかり固定する必要もないので、加工前の準備作業が短縮できます。


レーザー加工が活用されている革製品・レザーアイテム

レーザー加工が活用されている革・レザーの製品をご紹介します。
事例として参考にしてください。


衣類・アパレル・ファッション

靴、ベルト、ブレスレット、アクセサリー


家具・インテリア・テキスタイル

ソファカバー、クッションカバー


ギフト・ノベルティ・グッズ

財布、鞄、ブリーフケース、小銭入れ、ブックカバー、手帳、名刺入れ、スマートフォンカバー、スマートフォンケース、モバイルグッズ


まとめ

レーザーカッター・レーザー加工機で加工できる材料、革・レザーについて解説しました。

一度レーザーカッター・レーザー加工機の専門家に相談したい。という方は、コムネットのレーザーカッター選びの無料相談をご活用ください。
日本国内で業務用レーザーカッターを20年間販売してきた実績を活かし、あなたに最適なレーザーカッターをご提案させていただきます。



レーザーカッター・レーザー加工機がよく分かる資料ダウンロード|レーザー入門ガイド|コムネット