レーザー加工道場

木材をレーザー加工するときに気をつける4つのポイント

加工道場

木材はレーザー加工ができる素材の代表例で、木製品への彫刻や、多くの製品に活用されています。ただし、木材をレーザー加工すると必ず木ヤニ・煙・粉じんが発生し、加工品にヤニや粉じんが付着すると品質を大きく損ないます。木ヤニ・粉じんの付着を防ぐ4つのポイントをご紹介します。

レーザーカッターを活用して、サンドブラスト加工をする

加工道場

「サンドブラスト」とは、細かい砂の粒子を吹き付けて表面を彫刻する加工方法で、ガラスや陶磁器などの名入れ加工、オリジナルギフト、記念品の制作などに広く用いられています。このサンドブラスト加工は、レーザーカッターをうまく活用することで、一般的な工程を大幅に短縮でき、比較的容易に始められることができます。

レーザーの照射数を操作して、ミシン目・穴あけ加工をする

加工道場

レーザーを出力する際、レーザーの1インチあたりの照射数を表す「PPI(パルスパーインチ)」を調整して、ミシン目加工、穴あけ加工を行う方法をご紹介します。

アプリを使って簡単にスタンプデータをつくる!

加工道場

スマホアプリを使って、スマホで撮影した写真を簡単にスタンプデータにする方法をご紹介します。

失敗しない加工データづくり(CorelDRAW編)

加工道場

レーザー加工で失敗するケースで多いのが、加工データによる失敗です。しっかり編集したつもりでも、レーザーに送るとエラーが発生したり、思わぬ動きをしたりする場合があります。失敗しない加工データをつくるためのチェック方法をご紹介します。

レーザーカットのスタート位置を変更する(CorelDRAW)

加工道場

レーザーカットした素材の断面にしばしば見られるカット跡を、できるだけ目立たないようにする対処法として、レーザーカットのスタート位置を変える方法をご紹介します。

ComnetStationの更新情報・お役立ち情報をいち早くお届けします。

Comnet Station