シール・ラベル製作業界の課題解決ガイド

レーザーカッター・レーザー加工機を導入することによって、シール・ラベル製作業界の課題を解決した事例をご紹介します。

シール・ラベル製作業界の課題解決事例①

お客様の課題

刃型の制作コスト、保管や管理コストを抑えたい…


刃型でラベル・シールの切り抜き加工を行っています。
刃型は制作コストのほか、保管する場所や管理する人員などのコストがかかります。
お仕事を受ければ受けるほど増加していくコストなので、なるべく最小限に抑える方法がないか悩んでいます…
レーザー加工でズバッと解決

レーザー加工機は刃型が不要!必要なのはデータの管理だけ!


・刃型の制作コストは、データのセッティング費用だけになりました。
・刃型を保管する場所は不要になり、データの保存・管理だけになりました。
・刃型の制作期間がなくなったので、納期が短くなりました。

シール・ラベル製作業界の課題解決事例②

お客様の課題

様々な仕様のシール・ラベルデザインに対応すると、生産性が低くなり、売り上げが上がらない


大量ロットor小ロットやバリアブルデータのラベルなど、様々な仕様のラベルの注文を外注に依頼しています。納期と運用コストがボトルネックなので、もっと生産性のが良い方法がないかを模索しています。
レーザー加工でズバッと解決

ラベル製作の信頼の厚いサプライヤーとしてのポジションの確立に成功。


・バリアブルデータ(毎回変わる)加工に対応しており、1回の加工でハーフカット、フルカット、ミシン目、ナンバリング、バリアブルデータ(毎回変わる)加工に対応。
・小ロット多品種生産でも圧倒的な加工スピードで、大幅な納期短縮が実現
・バーコードに加工ジョブが含まれているため、ノンストップ加工が実現

シール・ラベル製作業界でのレーザー活用例

レーザーカッター・レーザー加工機がよく分かるお役立ち資料|レーザー入門ガイド|コムネット