パッケージ加工業界の課題解決ガイド

レーザーカッター・レーザー加工機を導入することによって、パッケージ加工業界の課題を解決した事例をご紹介します。


パッケージ加工業界の課題解決事例

少ロット注文の依頼が増えてきたが、外注で型製作するとどうしても採算が合わない


印刷は自社設備で行っていますが、パッケージ加工(外形カットとクリース)は外注しています。
定型以外のものだと金型を新規に制作するのでコストがかかるし、加工までに調整などのやり取りも多いので、もう少しコストと時間の削減ができないかと悩んでいます。
レーザー加工でズバッと解決

パッケージへの筋押し・折れ筋・スジ入れ・カットが内製化できた


・簡単にオス・メスで筋を入れれるクリーシングプレートが作成可能。
・パッケージの展開図だけで、専用ソフトが最適な筋押しを算出。専門知識・技術が不要。
・レーザーの出力から、紙の送り速度、加工位置までひとつのソフトで微調整可能。

パッケージ加工業界でのレーザー活用例

レーザーカッター・レーザー加工機がよく分かるお役立ち資料|レーザー入門ガイド|コムネット