レーザーカッター・レーザー加工機で加工できない素材・材料

レーザーカッター・レーザー加工機で加工できない素材・材料をご紹介します。
多種多様な素材に加工できる一方、加工できないまたは加工してはいけない素材があります。
加工できない理由とあわせてご紹介しています。

ポリ塩化ビニル(塩ビ/PVC)

ポリ塩化ビニルは、レーザー加工してはいけない代表的な素材です。
レーザー加工機に人体に有害なガスが発生し、機械内部にガスが付着すると錆の原因になります。

ポリ塩化ビニルに限らず、塩素を含む素材はレーザー加工できません。

塩素の元素記号がCLなので、素材を調べてCLが含まれるものは避けるようにしましょう。
レーザーカッター・レーザー加工機で加工できない素材・材料:ポリ塩化ビニル(塩ビ・PVC)

反射する材料

鏡や、鏡面仕上げされた金属など、レーザー光を反射する素材もレーザー加工ができません。
反射したレーザー光が機械内部を傷つける可能性があります。

人体に有害な煙が発生する素材

テフロンなどの有害な煙が発生する素材はレーザー加工ができません。
有害な煙が発生するかどうかは材料メーカーに問い合わせるか、安全データシートで確認が必要です。

PDFでまとめて見る! レーザーカッターでできること

レーザーカッター・レーザー加工機がどのような加工ができる機械なのか?どのような素材を加工できるのか?を分かりやすくまとめた資料です。