レーザーカッター・レーザー加工機で実現できること・効果

レーザーカッター・レーザー加工機を導入することによって実現できること・導入効果をご紹介します。生産性の向上、生産能力のアップ、コスト削減、工数削減など、レーザーカッター・レーザー加工機を導入することで製造業に携わるお客様の課題を解決することができます。

生産性の向上

製造業の方は常日頃から取り組まれていると思いますが、レーザーカッター・レーザー加工機は、生産性の向上に大きく貢献する機械・ツールです。
生産性を向上させる具体例は下記に詳しく紹介していきますが、レーザーを導入することによって売り上げが数倍になったという企業様が数多くいらっしゃいます。

生産能力のアップ

レーザーカッター・レーザー加工機を導入することで実現でき、導入されるきっかけの多くであげられるのが、生産能力のアップです。
手作業や旧式の機械など、従来の方法からレーザー加工へ切り替えることで、生産量を格段に上げられることができます。
レーザー加工機を導入することで生産量が数倍にもなったという事例も多くあります。

工数削減による時間短縮

従来の方法からレーザー加工へ切り替えることで、作業工数が削減でき、時間短縮が実現できます。
例えば、アクリルのカット加工の場合、従来のアクリルカッターやCNCルーターですと、カットした断面を研磨をかけてなめらかにする作業が必要です。
しかし、レーザーでカットしたアクリルの断面はなめらかなので、研磨作業が不要になります。レーザーを導入することで、研磨をする作業工程がまるまる削減することができ、劇的な時間短縮を実現することができます。

内製化(自社生産)による時間短縮・コストカット

レーザー加工を外注されている場合は、レーザーを導入して内製化することで、外注手配による工数の削減・コストカットが実現できます。
生産量が少なければ、もちろん外注が適している場合が多いですが、外注は意外と手間やコストがかかります。
仕様の打ち合わせから見積の確認、発注、データの提出・修正、サンプル・試作の確認など、外注だからこそ必要なやり取りがあります。
また、納期が外注先の受注状況によって変化するので、思った以上に納期がかかってしまうこともあります。当然ですが、外注によるコストもかかります。

内製化すると、まず加工までに必要なやり取りは、社内で完結するので劇的に少なくなります。
自社生産なので、納期の調整や仕様変更に対応できる余裕が生まれます。外注によるコストはゼロになるので、経費を品質改善など他の部門に回すことができます。

内製化による効果は、他の加工機にも同様のことが言えますが、その中でもレーザーカッター・レーザー加工機は、専門知識や設置環境などの導入障壁が少ないといった利点があり、内製化する際の設備に選ばれやすいと言えます。

人件費のカット・削減

レーザーを導入することで、人件費のカット・削減を実現することができます。
従来の方法からレーザー加工へ切り替えることで、大人数の手が必要だった作業が少人数で対応できるようになり、加工にあたる人件費を削減することができます。

また、レーザーは他の加工機よりもセットアップや機械操作に専門的な知識が必要がありません。専門スタッフの育成に時間がかからず、パートやアルバイトの方でも操作することができます。
1名のスタッフで複数台の機械を操作することも可能です。

少子高齢化が進み、さらなる人手不足が予想される日本では、少人数で加工ができるレーザーカッターは、今後さらに活用の場が増えていくと思われます。

型のコストの削減

トムソン加工など型による断裁・切り抜き加工を、レーザー加工に切り替えることで、型に関するコストを削減することができます。
型の試作・製作に必要なコストがゼロになり、型を保管するスペースや環境を用意する必要がなくなります。

PDFでまとめて見る! レーザーカッターでできること

レーザーカッター・レーザー加工機がどのような加工ができる機械なのか?どのような素材を加工できるのか?を分かりやすくまとめた資料です。