レーザーカッター・レーザー加工機を導入するメリット

レーザーカッター・レーザー加工機を導入することによるメリットをご紹介します。他の加工機械・デジタル加工機に比べて、レーザーがどのようなメリット・利点があるのかをご紹介します。

メリット:小ロット・多品種に対応

小ロット・多品種に対応できるのがレーザーカッター・レーザー加工機の大きなメリット・強みです。
他の加工機に比べて必要な設定が少なく、「データさえあれば加工ができる」と言われるほど柔軟な機械です。
1つからでも加工ができ、複数のデータを並べて一度に加工することもできます。ジョブ(作業)の切り替えやデータの変更も簡単に対応できます。

レーザーカッター・レーザー加工機を活用した小ロット・多品種の代表例が「名入れサービス」です。
文房具やグッズ、記念品などに名前やメッセージを彫刻して、オリジナルグッズとして販売されている企業様が多くいらっしゃいます。
なかには、店舗の一角にレーザーを常設して、来店した客にその場でレーザー加工して販売するというサービスを行っている方もいらっしゃいます。

メリット:非接触

レーザー加工は、他の刃物による加工機と違い、直接素材・材料に触れない非接触加工です。
刃物による加工と比べて対象物を傷つけるリスクが少なく、バキュームや両面テープ、クランプなどで固定する必要がなく、セットアップが非常に簡単です。
刃物では切りにくい、圧力をかけると変形してしまうような柔らかい素材・材料にも加工することができます。

メリット:セットアップ・機械の操作が簡単

レーザーカッター・レーザー加工機の操作は、家庭用プリンターのように簡単なのが特徴です。
セットアップに時間を要しません。
特別な専門知識や技術は必要なく、機械に慣れていない方でも操作することができます。
パート、アルバイトの方でも操作が可能ですので、人材の育成にかかる時間、コストを削減できます。

メリット:メンテナンスが簡単で、消耗品が少ない。

レーザーカッター・レーザー加工機は、刃物のように消耗することや研磨を行う必要がありません。
日常のメンテナンスはレンズ、ミラーなどの清掃を定期的に行っていただくだけで十分です。

メリット:細かい・微細で複雑な加工ができる

レーザー加工は、データの再現性が非常に高く、複雑で細かな切り抜きや彫刻が可能です。
紙の複雑な切り抜き加工など、レーザーでしかできない加工もあります。

PDFでまとめて見る! レーザーカッターでできること

レーザーカッター・レーザー加工機がどのような加工ができる機械なのか?どのような素材を加工できるのか?を分かりやすくまとめた資料です。