レーザーカッター・レーザー加工機でできる加工の種類

レーザーカッター・レーザー加工機でできる加工の種類をご紹介します。カット・切断・彫刻・刻印・マーキング・ハーフカット・キスカットなど、1台だけで多彩な加工をすることができます。

レーザーカット(切断)

切断・くり抜き・穴あけなど、素材を完全にカット(切断)する加工です。
レーザー熱で切断するため、木材をカットした場合は、断面が焦げます。
厚みのある木材やアクリルをカットしたい場合は、W(ワット)数(出力)が大きいレーザーカッターが必要です。
レーザーカッターでできる加工の種類:レーザーカット(切断)

ハーフカット(キスカット)

2層になっている素材(積層フィルム)の上部だけを切断する加工です。
レーザー出力の設定値を調整することで、レーザーを素材の途中で止める繊細な加工が行えます。
主にシール・ラベルなどの加工で使用されます。
レーザーカッターでできる加工の種類:ハーフカット(キスカット)

レーザー彫刻・レーザー刻印

素材を深く彫刻して、立体感のある表現を行います。
アクリル、木材など様々な素材にレーザー彫刻が可能です。
非常に微細な加工が可能で、レーザーのパワー、スピードの調整で彫刻の深さを変えることが可能です。
レーザーカッターでできる加工の種類:レーザーカット(切断)

マーキング

アルマイト処理された金属にはマーキングが可能です。
深く彫り込むことはできませんが、表面のアルマイト処理層を剥離します。
レーザーカッターでできる加工の種類:マーキング

写真彫刻

グレースケール処理をおこなった画像データがあれば簡単に写真を彫刻することが可能です。
レーザーカッターでできる加工の種類:写真彫刻

3D彫刻

グラデーションをかけたデータを出力することで、かまぼこ状に立体的な彫刻を行うことが可能です。対応していないレーザーカッターもあります。
レーザーカッターでできる加工の種類:3D彫刻

PDFでまとめて見る! レーザーカッターでできること

レーザーカッター・レーザー加工機がどのような加工ができる機械なのか?どのような素材を加工できるのか?を分かりやすくまとめた資料です。