エアーのチェック・調整(GCC製レーザーカッター) | レーザーメンテナンス講座

エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】

レーザー加工には、必ずエアーの吹き付けが必要になります。エアーの出力量が適切でない場合、加工品質に影響を及ぼすだけでなく、火災の原因にもなりかねません。今回はエアーのチェック方法・調整方法をご紹介します。

エアーのチェック

レーザーヘッドに手をかざして、エアーが出ているか確認をします。

エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】

2.コンプレッサー本体側のホースバルブをチェック

コンプレッサー本体側に、レーザー加工機へつなぐエアーホースのバルブがありますので、閉じていないか確認してください。

エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】
エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】

3.コンプレッサーから出るエアーが弱い場合は、オレンジフィルターを清掃しましょう

コンプレッサーに装着されているオレンジ色のフィルターを清掃してください。(ブラシやエアーで、中のホコリを取り除いてください。)清掃しても回復しない場合は、フィルターまたはコンプレッサーの交換が必要になります。

エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】

4.コンプレッサーから出るエアーは強いのに、レーザーヘッド部分のエアーが弱い場合は、ホースをチェック

エアーホースがどこかで折れているか、ホースが劣化してエアーが漏れている可能性があります。
ホースに手をかざして漏れている箇所がないかチェックしましょう。漏れている場合は、エアーホースの交換が必要になります。

エアーのチェック・調整【レーザーメンテナンス講座】

ComnetStationの更新情報・お役立ち情報をいち早くお届けします。

Comnet Station