レーザー加工機・レーザーカッターのレンズとミラーの交換時期を見極める目安・ポイント | レーザーメンテナンス講座

レーザー加工機・レーザーカッターのレンズ・ミラーの交換時期の目安・チェックポイント

レーザー加工機・レーザーカッターのレンズとミラーは、使うごとに少しずつ消耗していきます。寿命が来ると、パラメータ(出力値)通りにレーザーが出なかったり、カット断面がギザギザになったりと、レーザー加工に支障をきたすため、交換が必要になります。
しかし、寿命なのか?清掃すれば引き続き使用できるものなのかどうか?の判断は難しいもの。今回は、レンズとミラーの交換時期を見極めるポイントをご紹介します。
※コムネットが取り扱っているGCC社製レーザー加工機を対象としております。他メーカーのレーザー加工機の場合は、各メーカー・販売店にご確認ください。


レンズの交換の目安は、傷がついていないかどうか
(特にレンズの中心付近の傷は、すぐに交換が必要)

レーザー加工機・レーザーカッターのレンズの交換の目安・チェックポイントは、「傷がついていないかどうか?」です。
清掃して取れる汚れなら、清掃後も引き続き使用して問題ありません。
繰り返し清掃しても取れない汚れは、レンズに傷がついてしまっています。この場合は、レンズの交換をご検討された方がよいです。
レンズの端の方についた傷は、レーザーの照射に影響がない場合もありますが、中心付近についた傷は、レーザーの照射に影響を及ぼしますので、すぐに交換する必要があります。

レーザー加工機・レーザーカッターのレンズの交換の目安は、傷がついているかどうか

ミラーの交換の目安は、コーティングが剥がれてくると交換が必要
(場所に限らず、どこかが剥がれたら交換時期)

レーザー加工機・レーザーカッターのミラーの交換時期の目安・チェックポイントは、「コーティングが剥がれていないかどうか?」です。
レンズと同様に、清掃して汚れが取れるようなら、引き続き使用して問題ありません。
しかし、ミラーの表面を覆っているコーティングが剥がれて、金属の表面が露出してしまった場合は、すぐに交換が必要になります。
コーティングの剥がれについては、端でも中心でもレーザー出力に影響を及ぼすので、どこか一部分でもコーティングが剥がれてしまったら、交換が必要です。

レーザー加工機・レーザーカッターのミラーの交換の目安は、コーティングが剥がれていないかどうかです。

交換時期のレンズとミラーがあったお客様へ朗報!
期間限定でレンズとミラーのクリアランスセールを実施中です!

現在、GCC社製レーザーユーザー様を対象に、レンズ・ミラーのクリアランスセールを実施中です!
もしもの時のスペアとして1セット常備しておきませんか?ぜひこの機会をお見逃しなく!

ComnetStationの更新情報・お役立ち情報をいち早くお届けします。

Comnet Station